sfaはデータを一元化して業務に活かすツール

sfaの魅力は、以下の3つの機能を駆使することによって情報を一元化できる点です。まず、それぞれの商談ごとに管理していくことが可能なツールです。例えば、案件を管理することができれば将来的な見込み客を発掘することができるようになります。これにより、営業活動が楽になりますのでこういった案件管理機能というのが非常に重要な意味を持っています。

チーム全体で情報を共有することができれば、それだけ効率的に業務を進めていくことが出来ます。また、sfaには無駄のない営業活動するためにはそれぞれの社員がどういった活動を管理しているのかということを管理しておくこともできるツールがあります。営業件数や受注率などを管理することができてそれを共有することができれば、それだけでも効率的に活動することが可能です。これらに加えて、sfaには顧客管理を行う機能も存在します。

文字通り、一元的に顧客の管理を行っていくことによってどういったターゲット層が自社にとって有益であるのかを確認することが可能です。特に、この顧客管理機能に関しては個人に対するものというわけではなく、企業対企業の情報を管理することができるようになりますので、大手の受注先を簡単に理解できるようになります。実際に、このツールでは会社形態や企業規模などをフィルタリングしていけば、有益な顧客を簡単に絞ることができるようになりますので、その特徴を判断しながらさらに効率的に業務を進めていくことができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする