sfaツールで営業活動を効率化

営業職は移動時間が長いこともあり、その時間をどのように有効に使うかで仕事の効率が変わってきます。sfaツールを利用すると、外出先から日報や週報を書けるというメリットがあります。sfaツールで作成した文書はリアルタイムで社員全員が見られるようになるため、わざわざ会社に戻らなくても提出することが可能です。資料を検索したり、ワードやエクセルを使ったりすることもできるため、日報や週報を書くだけでなくスケジュール管理をすることもできます。

移動時間を有効に利用し、オンとオフのメリハリをつけることができるでしょう。そして、管理職が報告書をリアルタイムで確認できることにより、すぐに的確なアドバイスをもらえるという利点もあります。上司の有益な意見を参考にしながら、より戦略的に営業活動を行えるのが利点です。また、sfaツールにはデータがどんどん蓄積されていくため、過去の同じような事案に関するデータも閲覧できます。

同じような営業を行い、どうやって成約できたのか、どのように失敗したのかなど学ぶことが可能です。転職してまだ営業スキルが十分でない人でも、過去のデータを見ながら進めていくことができるでしょう。そのため、sfaツールは営業部門の管理者だけでなく、営業マンにとっても有効なツールと言えます。上手に使いこなすことで成果を上げるので、単に導入するだけでなくみんなが使いこなせるように教育していく必要もあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする